« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月25日 (木)

グアム旅行(^^)

guam.jpg
カコーン。カッコーン。
ふっ・・思った通りだ
カコーン。
今日はよく入るな。
生まれ故郷に戻ってずいぶんと機嫌がいいみたいだな。
すこってーきゃめろん303えすえすえすさーくるてーよ
ジパングにいた頃には全く入らなかったおまえも
やっと目覚めたって言う訳かい、なぁベイビィ(きた初日からアメリカかぶれ。しかもグアムで)
カコーン。
ちっ。それにしてもいい音させやがるぜ。
この青い空に響きわたるカップインの音が俺のやる気に火をつけるぜ(アホ)

さあ、グアムでの最初のティーショット。
983Kもいつもより生き生きしている(なんのこっちゃ?)
やっぱりTitleistにはUSAの空気が似合う(実はHCRジャパン仕様)

大きく息を吸ってティーアップ
ごっつい外人さんスタッフが
(OH!No!あのちっこいジャパニズボーイがブルーティー?Why?)
まあ、みていろって、侍魂見せてやるさ(大げさ、誰も見ていません・・)
外人さんの度肝をぬいてやるぜ。

スパァーーーーーーーン
素晴らしい、ビューテホォーでグレートだ
グアムの高い空に届きそうなくらい
白い雲と白いボールがかさなる
(フッ。誰かが言ってたな、男のロマンハイドロー)
ぐんぐん伸びるボール
(まずいな、飛びすぎっていうやつかな?見たかい?外人さん)
打球はドローがかかりながらぐんぐんと伸びていく
高く
高く
そして高く

どんどんと吹け上がる?(ん?why?)

えっ?あれっ?
恐ろしく高く舞い上がって

ストンと落ちた(ほんとあっさり落ちた)
オーマイガーーーー(悲)

恐るべしグアムの風
谷底から吹き上げるグアムの風によなよなとあっさり負けてしまった俺のハイドロー(悲)

ああ、やっぱりUSAの壁は高かった(なんじゃそりゃ?)

グリーンではグアムに来たからといって突然すこってーきゃめろんが入りだすはずもなく
むしろ速いグリーンに翻弄されて
(ジパングではそこそこは入っていたのに・・・と考えが変わる始末)
たいへんなさわぎでした(笑)

翌日はコースやグリーンにも慣れて70台でラウンドできまひた。
スタッフの方達もすごく良くしてくれて
「おータイトリスト!プロフェッショナルクラブねぇー」
とあちこちで声かけてもらい気分良し。

とってもキレイで暖かく、気分爽快。
思い出に残る楽しい5日間でした。
また行きたい。

ショッピングや散歩も楽しい。なにもかもが楽しい感じ。
練習場も芝生で打てる!あーいいなぁー。
いっそのことこっちに住みたいくらいだなぁー。

そうそう、あのでっかいハードケースは最高でした。
ちょっと重いけど宅急便で送れば問題なし。
安心確実、立てたままでもゴロゴロ転がせてらくちんでした。

キャディーマスターのアンジーさん。
すごくお世話になった上に
おいしい中華までごちそうになって
ホントありがとうございました。

Kちゃんありがとう。とても楽しかったよ(^_^)v

PS.いろんなクラブとか打ち込んでみようと思っていましたが、全く出来ませんでした(スミマセン)
ついついデューティーフリーとかアウトレットとか・・・・・そっち方向行っちゃいました(^^;)

あ!忘れてた。
このコースには沢山プロの方が来るのですが、その話を聞くと僕と4クラブくらい飛距離の差があるんです。で、練習場も僕にはとうてい届かないところにピンがたっていて(ん?あのピンはなに?飾りだな。うん、そうにちがいない)と思っていたら、アンジーさん曰く「練習場の一番奥のグリーンまでアイアンで届くよ!うちのスタッフも飛ぶねぇー」と言ってました。あの体と腕ならそりゃ飛ぶでしょうけど・・・・そういう人たちがS300とかX100のアイアンや普通のSシャフトのドライバー使ってるのを見ると(俺って・・・なんか間違ってるんじゃ・・あの人がX100ならおれはLでも良いくらいのはず・・)と迷いが生じましたけど、どう思います? 加瀬プロも毎年来るということでしたが、やっぱり僕とは4クラブ違います。タイガーになると8アイアンで200yd打てますから、それを考えると当然とも言えますが・・・その加瀬プロもNSプロつかってるし、タイガーでさえ80g台のシャフトをつけたドライバーということを考えると今の僕のセッティングは大間違い!?と思えたりしますが・・・悩

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004年11月17日 (水)

SKB ゴルフトラベルハードケース

SKB.jpg
でかいです。SKB社のゴルフトラベルハードケース。「SKB社はスポーツ用等のハードケース約160種類を生産し、 ATA(米国航空輸送協会)より航空機輸送認定を受けた、 世界最大のケース&コンテナメーカーです。 その技術への信頼の高さは、陸・海・空すべての米軍の輸送ケースを 10年にわたって生産し続けていることでも証明されています。 またSKB製品はATAの航空会社による100回の往復飛行の厳しい審査に合格しています。」との宣伝文句でハードケースならこれなんだろうなぁと気になっていたところ安く手に入れることが出来ました。僕の購入したものは大きいサイズのもので、写真右側の9.5インチスタッフバックを入れてみたところ問題なく収納できました。

【メリット】
1.クラブの破損の心配がない
2.キャスターが付いているのでゴロゴロ運べる
3.ふたを開けてキャディーバックを入れるだけなので簡単に使える
4.大きいのでウエアーやスパイクも入る
5.これ一つで旅行に行ける(着替えや小物もこれに収納)

【デメリット】
1.仕方ないけど・・・でかい
2.なにせ重い。。本体だけで8.5kg(^_^;)
3.キャディーバックを入れると20kgオーバーになる
4.車のトランクに入らない(>_<)

で、私11/19から23日まで、この仕事の忙しいさなかにグアムへゴルフに行ってきます(スミマセン)。このトラベルハードケースの中に全てを収納して、宅急便で成田に送り、手ぶらで?行く予定です。どうなることかわかりませんが使い勝手などまた報告します。インターネット環境があれば(あると思うけど)あちらから更新&コメントします(^^)グアムでは983K TOUR AD と 983K DIAMANA STINGER を打ち込んできたいと思います。あとはランニングアプローチの練習をやってきたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年11月15日 (月)

理事長杯 優勝しました!

20041114.jpg
昨日理事長杯の決勝戦が行われました。結果は予選39/40 決勝39/37 で優勝することが出来ました。今年最後の大きな試合で結果を出せたことがとても嬉しく思います。

昨夜「明日の決勝に使うんだから頼むよ!」とサウスフィールドで983KのシャフトをSTINGER から使い慣れたTOUR AD I-65に入れ直してもらいました。朝そのドライバーを持って練習場に行き40球ほど打ってからコースに向かいました。この日はBクラス月例が行われていましたのでギャラリーが多くてびっくりしました。(びびりました・・・)僕は予選をトップタイで通過していたので、最終組スタートでした。

決勝は1番ホールが全てだったように思います。
1番ホールは400ydフェアウエーが狭く両サイド林の難しいホールです。
緊張したティーショットが左のラフの深いところに入ってしまいました。
残り距離は170yd
(深いけど、上手く振り抜けば届く)
(まてよ・・グリーン手前のバンカーに入ったらいきなりのダボで即死も有り得る)
(それどころかチョロってまたラフだったらダブルパーも・・・恐)
(仕方ない思い切って8Iでバンカー手前に刻もう!)
(ん?どうせなならサンドウエッジという選択もあるのでは・・)
で、「よし、ここはサンドで120%安全にいこう。頼むぞVOKEY 60M」
ドスッ・・・・・冷や汗(^_^;)
打ってみたらラフの抵抗が思った以上でサンドでもラフから脱出するだけでした。
(もしサンド以外だったら大変なことになっていたでしょう。)
で、残り160yd
今最も得意な6Iで振り抜きました。
するとボールはグリーン手前のバンカーを越えてピン横3mにオン。
とりあえず3オン無事成功に内心ホッとしました。

もしこれが入ればミラクルパー
外れてもナイスボギーです。
1番ホールのパッティングは絶対にオーバーさせないといけない。
しっかり打ったボールはまっすぐカップに向かっていきました。
ナイスパー(^_^)v

この1番ホールが優勝につながったと思います。
たまたまパーパットが入りましたが、
もし、ボギーだったとしてもナイスボギーだったと思うんです。
トラブルをナイスとプラス思考に変えられる。
流れを引き寄せるとはこういう事かもしれないなぁと思いました。

皆さんからお祝いの言葉を頂きました。
帰りにはキャディーさん達からも「おめでとう!」と声かけてもらいました。
やっぱり嬉しい。
帰りの車の中で「やった。よかった。」と実感がわいてきました。

お祝いに黒毛和牛のしゃぶしゃぶいただきました。
(Kちゃんありがとう、うまかった。食べ過ぎて妊婦のようになりました。)
(サウスフィールドのK君。寝る間もないほど忙しいのに、夜遅くに嫌な顔ひとつしないで「わかりました!」とふたつ返事のリシャフトありがとう。「このドライバーで優勝してください」の期待に応えることが出来ました。)

【今日のセッティング】
983K HCR 8.5 TOUR AD I-65 S
980F 15 SPEEDER
503H 19 ALDILA
690.CH / 690.CB / 690.MB / DG−S300
VOKEY 52/ 60
2BALL(写真はキャメロンだけど・・・持って行ったのは2BALL)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004年11月13日 (土)

Scotty Cameronってどうですか?

みなさん、キャメロンどうですか?
僕も何本か所有していて、今気に入っているのは303 SSSのNewport2 circle Tというやつです。
しかしこれが、入らない・・・・・
ホント、難しくないですか?

見た目がとても美しく、作りも良くて、タイトリストにはやっぱりキャメロンでしょ。
っていうことでなんとか使いたいのですが。
でも入らない・・・

キャディーバックにスコッティードックのヘッドカバーが入っていると
「ん?なんかやっぱりマッチしてる感じ」ということになって
やっぱりキャメロンで決まりっ!
でもやっぱり入らない・・・・・・・

タイガーもエルスもラブもキャメロン
しかもタイガーは平均パット数第一位!
入らないのは実力。パターはやっぱりキャメロン。
でもやっぱりスコアが・・・・・

この悩みありませんか?僕だけでしょうか?
キャメロンを使いたいのに使えない。けど、キャメロンがカッコいい。
どなたかキャメロンの打ち方(キャメロンでポンポン入る方法)教えて下さい(懇願)
もしかしたら「2Ballなんかよりキャメロンの方が断然入る!」というのが世間の常識なんでしょうか(泣)
方向合わせづらくないですか?
シャフト右から入ってませんか?
ソールして合わせるとボール一をかなり左に置かないとまっすぐ向かないですよねぇ?
座りわるくないですか?

こう入らないと試合では使えません・・・・(試合はやっぱり2Ball、でもなんだか悔しい感じ)
先週の理事長杯予選をトップタイで通過しています。
明日は最終組スタートの決勝です。
今まさに悩んでます。明日は何を持っていこうか・・・・・・

そうそう、Diamanaを元のTOUR AD I-65にリシャフトしました。
Diamanaも慣れてきてミート率は上がってきたのですが、トルクが多いせいなのか、
ナイスショットの時に手に伝わる感じが柔らかくて打感が物足りませんでした。
僕のヘッドスピード46程度では飛距離もADの方が出るみたい(総重量がちょっと重かったのかも)です。この2点がリシャフトの理由です。見た目はとても気に入っていたんですけど、残念です。

では、明日がんばってきます!
雨のようなのでついにレインコンポの出番かな!?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004年11月11日 (木)

TAYLOR MADE 2005価格表

TAYLOR MADE 2005価格表です。
ヤフオクにちらほらと2005モデルが出ていますが、日本発売価格は○○万円とか想像の価格(笑)を書いている人もいるので、正式なカタログ記載販売価格をお知らせします。ヤフオクで落札する前に参考にしてくださいね(^^;)価格は全て税込みです。

【r5 IRONS 6本セット5~P】
M.A.S 5 55PLUS 100,800
N.S PRO 950GH 88,200

【r5 IRONS 7本セット5~P/S】
M.A.S 40 LIGHT 117,600

【rac LT IRONS 6本セット5~P】
M.A.S 5 55PLUS 100,800
N.S PRO 950GH 88,200
DINAMIC GOLD 88,200(受注生産)

【rac forged TP IRONS 8本セット3~P】
N.S PRO 950GH 151,200
DINAMIC GOLD 151,200

r5 IRON のみM.A.S 40 LIGHTの設定があります。
さすがにTPモデルは高い(^^;)

参考に
【r7 quad ht】
M.A.S 7 65 TOUR 84,000
M.A.S 7 50 PLUS 84,000

【ROSSA VT MONZA】
オープンプライス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 5日 (金)

r7 quad ht DRIVE と r7の比較画像

R7HTTP.jpg
Sさんからr7 quad ht DRIVE と r7の比較画像を送って頂きました。(Sさん度々ありがとうございます)この写真を見るとかなりのシャローフェースですよね。球上がりそうです(^^) フェースの刻印はTPなのでMAXではなくr7となっています。格好いいですねぇ、ちょっと惹かれます。画像はクリックで拡大します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムックさんクラブ選手権3連覇おめでとう!

ムックさんがクラチャン3連覇の大偉業を達成されました!本当におめでとうございます。ムックさんのHPはご覧の方も多いと思いますが、今回のクラブ選手権3連覇への奇跡と3連覇達成の感想などがアップされています。クラブ選手権3連覇・・なかなかできるものではありません。ショットの調子はもちろん体調管理など全てが揃わないとできないとおもいます。ご家族の協力や励ましも大きな力なになったと思います。どうしても勝ちたい試合になればなるほど直前にシャンク病になったり(自分)風邪ひいたり(コレも自分)さらにはその朝突然お腹が痛くなったり(これも・・)と予想外のことが起こるものです。その中で3連覇を達成できるのは素晴らしいの一言です。ムックさんのHPには手に汗握るクラチャンラウンドレポート以外にもスコアUPのツボなどとても役立ち、参考なる楽しい情報が満載です。ぜひご覧下さい。掲示板で「おめでとう!」を伝えましょう(^^) 大偉業達成
おめでとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラブチャンピオン記念 友人とのラウンド

先日クラブチャンピオンになった記念に気の合う仲間達と、クラチャンをとったホームコースで楽しくゴルフをしました。久しぶりにみんな集まって2組のゴルフは、わいわいがやがやとスコアを気にすることなくとても楽しかったです。クラブチャンピオンになって、みんなが集まってお祝いの?プレーができる。支配人や売店のおばちゃん、コース管理のひとたちみんなから「やったね」と声をかけられたり、名前の刻まれたボードやカップを見て、友人達から祝福を受けると、嬉しさ倍増です。ゴルフの結果で仲間から祝福される。こんな嬉しいことはありません。みんなありがとう。帰りにK君から名前の刻まれた記念品を頂きました。うれしかった。

一応結果とセッティング
結果 39 38
【セッティング】
983K HCR 8.5 DIAMANA STINGER(だいぶ合ってきた、いけそうな感じ)
980F 15/19 (すっかり慣れました。)
690.CH / 690.CB / 690.MB / (ようやく30ラウンド使用、やっと慣れてきた)
VOKEY 52/ 60 (まだまだ使いこなしていないような・・)
SCOTTY CAMERON NP2 303SSS "T"
(初めて使ったけど、とことん入らない・・・けど好き・・困った)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

rac forged TP & r7 ht TP 詳細情報

昨日トップアマのSさんからrac forged TP & r7 ht TP 詳細情報をいただきました(お忙しい中ありがとうございます)Sさんはすでにrac forged TP & r7 ht TPを所有・使用しています(r7 ht TPモデルは存在も知らなかったのでビックリです)。Sさんはご自分でライ角やロフトの調整はもちろん、クラブをバラして加工までしてしまう強者ですから(以前ご自宅に伺ったときにはバラして改造したフューチュラを見せてもらい、その変形ぶりに度肝を抜かれました。笑)クラブの構造にも精通していて、見る目は確かなので参考になると思います(ただし、Sさんは200ydを5Iで普通に打つ超ハードヒッターなので飛距離はそれを考慮して参考にして下さい)
以下Sさんからのメールをコピペします。(Sさん、さすがです)

::::::::::::::R7 HTのTPモデルの件:::::::::::::::

形状はタイトリストの983Kと同じに思います。
タイトリストの983Kより一回り大きく、410CCです。
r7 HT TP ロフト角度9.5

重心距離  36.5mm 
(ウエイトポジション:ヒールから、2−8−14−4)

重心高   31.5mm

第2重心高 22.0mm
スクエアーフェースのため、非常に構えやすいです。
フェイスの高さもR7TPが約59ミリに対し、R7HTTPは、約53.5ミリと
薄いです。シャローです。
飛距離は、ランでかせぐというよりは、キャリーで勝負する感じです。
r7TPとトータル飛距離は変わりませんが、r7TPは、キャリー260プラスラン3
0で、R7 HTのTPモデルはキャリー280でラン10くらいのかんじで、R7TPとは全
然球の高さが違います。アイアンの番手で2段階くらい違います。

打感も、R510TPと同じようにやわらかく、打音もエクスパンセルが入ったヘッ
ドのように、静かです。
打音もR7TPのように金属バットで打ったような音はしません。

たとえれば、R7TPが太鼓のようなころころした形状ですが、R7HTTPはひ
じょうにすわりもよく構えやすいです。


::::::::RAC FORGED TPアイアンの件:::::::::::

ホーゼルは、rac LTと同じくホーゼル深さ30mm程度の深さになっています。
それから先は、rac CBや rac ウエッジのように
ヘッド重量調整用の穴は、空いていません。
また、ホーゼル深さも30mm程度なので、ヘッド重量調整は、殆ど出来ません。
ヘッド重量は、 268g です。

:::参考資料:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::
RAC CBのヘッド重量とホーゼルの構造をお知らせします。

第1段階のホーゼル径は、直径約9.4mm径で17.0mm
の深さに穴をあけ、そこから直径約9.25mmで12mm
の深さまで穴をあけています。このホーゼルは、シャフトを
接着するためのホーゼル径です。

このホーゼル底から、直径約8mm径で18mmの深さの
の穴が空いています。この深さの最大重量調整は、+8gです。
300フォージドは10mm程度浅い10ミリ深さとなっています。
この深さの最大重量調整は、+4gです。

ホーゼル掃除後のヘッド重量

4番 245.5g
5番 252.0g
6番 259.0g
7番 264.0g
8番 273.5g
9番 281.0g
PW 286.0g

 ::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::


形状は、300フォージドと似ていますが、打感は柔らかいです。
重心距離も、CBのように短くなく、36ミリぐらいです。ちなみにCBは34.5ミリ、
MBは34ミリ、300フォージドは36ミリです。
ソールの形状が非常によく、リーディングエッジが落としてあります。トレーディン
グエッジも落としてあるため、以前のCBやMBより抜けがよくなっています。
バックフェースのミルドされたキャビティーパッドも下のほうが厚く、だんだんと薄
くなっていますので、重心深度も3ミリぐらいあり、フェースの下のほうに当たった
ときでもインパクトロフトが保たれやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 3日 (水)

TaylorMade NEW PRODUCTS カタログ

r5iron.jpg
TaylorMade NEW PRODUCTS カタログが手に入りました。
NEW PRODUCTSには下記の5種類が掲載されています。

r5 IRONS(厚さ1.9mmの超極薄フェース、TPCによるソフトな打感、よりやさしく)
rac LT IRONS(コントロールにすぐれ、イメージ通りに狙える)
rac FORGED TP IRONS(ツアープロとの共同開発、軟鉄鍛造)

r7 quad ht DRIVER(安心感のあるあどれすとビックキャリー)
r5 dual FAIRWAY WOODS(フェアウエイからもよくつかまる)

ROSSA VT MONZA(TLCカートリッジ搭載、ヘッド重量がチューニングできる)

どれも既にいろいろなところで報告されていたものの通りですが、アメリカでのrac OS IRONS が日本ではr5 IRONSとなっています。エンブレムももちろんr5となっています。TLCカートリッジを搭載したROSSA VT MONZAはMEZZAとMONZAの中間の大きさで、2g 4g 6g 8g 10g 12g 14gと7種類のカートリッジが用意されています。長さは34,33,34,35 inchで、グリップはwinnです。数量限定販売との事ですから欲しい方はお早めに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年11月 1日 (月)

クラブ選手権決勝

昨日はクラブ選手権の3日目決勝でした。
トップとは7ストローク離れていたので「よし、ダメもとでパターは全てオーバーで」とだけ思ってスタートしましたが・・・案の定パターがオーバーして(ある意味予定通り)3パット地獄。入るはずの(ん?)バーディーパットがいつの間にか気づくとボギーパットになってました(^^;)

で、ずるずると自滅後退して結果40 40の80でした。
優勝したのは一緒に回っていたAさんです。なんとツアステのモニターであのドライバー使ってました(^^;)
他の方もネームプレートを見ると「○○オープン」とか「全日本クラブチャンピオン」とかそうそうたるプレートが並んでいて、レベルの高さを感じました。
終了後に研修会へのお誘いを受けましたので、来月から研修会に参加させて頂こうと思います。
研修会の中で技術を磨き、来年のクラブ対抗の選手に選ばれるように頑張りたいと思います。

ちょっと驚いたこと
「クラブ対抗の前に関東アマ予選があるから、予行演習に丁度良いんだよね・・・」
この言葉を聞いたときに関東アマにびびってエントリーできない自分って・・・・???と思いました。
関東アマを練習ラウンドのように考えてる人がいるなんて・・・恐るべし。

これで今年の競技は終了となりましたので、しばらくはまたクラブ選びとか(^^) スイング作りとかの時間になりそうです。

来年の目標
クラブ選手権V2 (これはやりたい!)
日刊アマと社会人は全国に行ければなぁ・・・ 
関東アマ(出たことがないので、とりあえず出て予選を通過したい)
クラブ対抗(とにかくレギュラーになりたい)
UGのクラブ選手権(今年は初参加でバタバタでしたが、来年は勝ちたい)
研修会でつねに上位にいたい
平均ストロークを70台にしたい(今年は81でした・・・)
クラブをあまり変えないで練習したい(コレが一番むずかしぃーーー)

このうちいくつかでも達成できるようにがんばります。
っていうかとりあえずシャンク何とかしろ!(シャンク病再発)っていう感じですけど・・(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DIMANA stinger

stinger.jpg
写真がかなりショボイですが、DIMANA stingerです。
サウスフィールドゴルフでTOUR AD I-65からリシャフトしてもらいました。
983KとTR DUOに入れてもらったので、とりあえずスペックの比較です。
【983K HCR DIMANA stinger S】
長さ   44.75 inch (先端1inchカット)
バランス  D-2.75 
グリップ  ツアーベルベットラバー53g
総重量   332g
振動数   258cpm

【TR DUO DIMANA stinger S】
長さ   44.75 inch (先端1inchカット)
バランス  D-0.75 
グリップ  ツアーベルベットラバー53g
総重量   330g
振動数   260cpm

と、まぁこんな感じですが、983KのヘッドはTR DUOよりも重いので当然の結果です。しかし、スペックを見たところでなにもわかりませんので、とりあえず僕の感想です。stingerに限らずDIMANAについては、「自然なしなり」「全体が均一」とか「タイガーウッズ使用」「PGA TOP10のうち5人がDIMANA使用」とか「なんたってフルボロンですよあなた」とかいろいろとすごい噂が飛び交っていたので、新しい物好きの僕は当然即予約(^^;)限定に弱いのでこれまた当然stinger(^^;)

さて、待つこと1週間届いたDIMANA stingerをさっそく打ってみました
まず、このシャフトの玉虫色?に花柄のプリント。
どうです、きらきらと7色に輝く玉虫色に花柄が浮かび上がる様はどう見てもその筋の人のようで強そうです(怖)しかし、打ってみるとその強面の外観からは想像できないやさしい感じ(^^)
スピーダーのようなスピード感(しなり戻りの速さ)はありませんが、
とても自然で振りやすく万人に合うシャフトだと思います。
タイミングもとりやすく、多少のタイミングのずれも急激な動きがないので大きなミスにはなりにくいと思います。叩いて飛ばすシャフトというよりは、タイミングで振って運ぶシャフトではないでしょうか?
スピーダーに慣れている方や叩いていきたい方には物足りないかもしれません。
それと、DIMANA stinger Sを1インチカットして入れていますが、とても柔らかく感じます。
これは三菱のシャフト全般に言えることですが柔らかいです。
スイートスポットが狭いヘッドのスポットでビシッと打つというよりは、大きなヘッドでボ〜ンと打つのに適しているようです。

しなりは素直(スピード感のようなものはない)→スインガーのミスには強いのでは?
柔らかい感じ→叩く人には物足りない。(叩くとひどい球・・・僕だけ?)
飛び→いまのところすごいとは感じない。(飛びそうな感じはするので練習してみます)
方向性→球はよくつかまります。柔らかいからか元中調子の割にスピン量が多く感じます。
983KよりDUO→たぶん983KのようなヘッドよりもR5とかイグナイトとかのデカヘッドのほうが良さそう。
983Kはもっと固くてしっかりしたシャフトでビシッと叩きたいと思います。

と、いろいろ勝手に書きましたがなんだかんだで
この玉虫色と花柄・・・・ちょっと気に入ってきました(^^;)
1本毎にシリアルナンバーが入ってるというのもちょっと良い気分。
三菱の技術の結集ということですから慣れれば驚異的な性能を発揮してくれるのでは?もしかしたら300ydくらい飛んじゃったりして?(あり得ない)という期待もあり、しばらく使ってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »