2004年7月15日 (木)

体力不足はいけません

競技ゴルフを目指すと、体力不足を実感します。学生の頃と比較すると当然年齢的な衰え?もありますが、かたや74才でパープレーの方もいるわけですから、年齢のせいにするわけにはいきません。いまの体力で競技に参加することを考えるとコースマネージメントというか疲れない攻め方、疲れないように攻めることができるテクニックとクラブの必要性を感じます。例えば8月末のスケジュール。8/27社会人ゴルフ予選  8/28関東ミッドアマ練習日 8/30 関東ミッドアマ予選  9/5 クラブ選手権予選 9/6日刊アマ関東決勝1日目 9/7日刊アマ関東決勝2日目となっています、すると僕の体力では後半のクラブ選手権以降はたぶんぼろぼろになると思うんです、腰は痛く筋肉痛で、夏バテ、これではゴルフになりませんよね。日常の移動がほとんど車で、エアコンガンガンのオフィスの中にいる僕が急に走りまわったり、ウナギを食べたりしはじめても、いまさら1ヶ月やそこらで体力がつくわけがなく、むしろ何もしないで休んでいた方が良いのか!?とも思ったりします。普段からトレーニングをしておけばこんな浮き輪のような脂肪もなく>すっきりとした胴回りでスリムになる>水着も恥ずかしくなくなり海にも行ける>泳ぐことでさらに筋力アップとスリム化が進む>血もさらさらになり血糖値も下がる>心肺機能も上がり仕事にもやる気が出る>当然飛距離もアップしてスコアも良くなりストレスも解消する。ということなのですが・・・・わかってはいるのですが、なにもやってません(>_<) そういうもんですよね。で、クラブに頼ろうとして軽くて長くてやさしいクラブに変える>ナイスショットが出る>だんだんクラブになれる>飛距離などが落ちてくる>知らないうちに体力も低下>そんなはずはないと思いはじめる>俺はもっと飛ぶはずだと思い悩む>もしかしてスイングが・・と気づく>手遅れになっている。とこんな経験はありませんか? やっぱりクラブに頼っていてはダメです。日頃から体力アップに努めましょう(自分です)あ、ちなみに僕は167cm 62kg です。(まだ社会人と関東ミッドはエントリーしてないけど・・・)

| | コメント (5) | トラックバック (0)