2004年11月15日 (月)

理事長杯 優勝しました!

20041114.jpg
昨日理事長杯の決勝戦が行われました。結果は予選39/40 決勝39/37 で優勝することが出来ました。今年最後の大きな試合で結果を出せたことがとても嬉しく思います。

昨夜「明日の決勝に使うんだから頼むよ!」とサウスフィールドで983KのシャフトをSTINGER から使い慣れたTOUR AD I-65に入れ直してもらいました。朝そのドライバーを持って練習場に行き40球ほど打ってからコースに向かいました。この日はBクラス月例が行われていましたのでギャラリーが多くてびっくりしました。(びびりました・・・)僕は予選をトップタイで通過していたので、最終組スタートでした。

決勝は1番ホールが全てだったように思います。
1番ホールは400ydフェアウエーが狭く両サイド林の難しいホールです。
緊張したティーショットが左のラフの深いところに入ってしまいました。
残り距離は170yd
(深いけど、上手く振り抜けば届く)
(まてよ・・グリーン手前のバンカーに入ったらいきなりのダボで即死も有り得る)
(それどころかチョロってまたラフだったらダブルパーも・・・恐)
(仕方ない思い切って8Iでバンカー手前に刻もう!)
(ん?どうせなならサンドウエッジという選択もあるのでは・・)
で、「よし、ここはサンドで120%安全にいこう。頼むぞVOKEY 60M」
ドスッ・・・・・冷や汗(^_^;)
打ってみたらラフの抵抗が思った以上でサンドでもラフから脱出するだけでした。
(もしサンド以外だったら大変なことになっていたでしょう。)
で、残り160yd
今最も得意な6Iで振り抜きました。
するとボールはグリーン手前のバンカーを越えてピン横3mにオン。
とりあえず3オン無事成功に内心ホッとしました。

もしこれが入ればミラクルパー
外れてもナイスボギーです。
1番ホールのパッティングは絶対にオーバーさせないといけない。
しっかり打ったボールはまっすぐカップに向かっていきました。
ナイスパー(^_^)v

この1番ホールが優勝につながったと思います。
たまたまパーパットが入りましたが、
もし、ボギーだったとしてもナイスボギーだったと思うんです。
トラブルをナイスとプラス思考に変えられる。
流れを引き寄せるとはこういう事かもしれないなぁと思いました。

皆さんからお祝いの言葉を頂きました。
帰りにはキャディーさん達からも「おめでとう!」と声かけてもらいました。
やっぱり嬉しい。
帰りの車の中で「やった。よかった。」と実感がわいてきました。

お祝いに黒毛和牛のしゃぶしゃぶいただきました。
(Kちゃんありがとう、うまかった。食べ過ぎて妊婦のようになりました。)
(サウスフィールドのK君。寝る間もないほど忙しいのに、夜遅くに嫌な顔ひとつしないで「わかりました!」とふたつ返事のリシャフトありがとう。「このドライバーで優勝してください」の期待に応えることが出来ました。)

【今日のセッティング】
983K HCR 8.5 TOUR AD I-65 S
980F 15 SPEEDER
503H 19 ALDILA
690.CH / 690.CB / 690.MB / DG−S300
VOKEY 52/ 60
2BALL(写真はキャメロンだけど・・・持って行ったのは2BALL)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004年11月 1日 (月)

クラブ選手権決勝

昨日はクラブ選手権の3日目決勝でした。
トップとは7ストローク離れていたので「よし、ダメもとでパターは全てオーバーで」とだけ思ってスタートしましたが・・・案の定パターがオーバーして(ある意味予定通り)3パット地獄。入るはずの(ん?)バーディーパットがいつの間にか気づくとボギーパットになってました(^^;)

で、ずるずると自滅後退して結果40 40の80でした。
優勝したのは一緒に回っていたAさんです。なんとツアステのモニターであのドライバー使ってました(^^;)
他の方もネームプレートを見ると「○○オープン」とか「全日本クラブチャンピオン」とかそうそうたるプレートが並んでいて、レベルの高さを感じました。
終了後に研修会へのお誘いを受けましたので、来月から研修会に参加させて頂こうと思います。
研修会の中で技術を磨き、来年のクラブ対抗の選手に選ばれるように頑張りたいと思います。

ちょっと驚いたこと
「クラブ対抗の前に関東アマ予選があるから、予行演習に丁度良いんだよね・・・」
この言葉を聞いたときに関東アマにびびってエントリーできない自分って・・・・???と思いました。
関東アマを練習ラウンドのように考えてる人がいるなんて・・・恐るべし。

これで今年の競技は終了となりましたので、しばらくはまたクラブ選びとか(^^) スイング作りとかの時間になりそうです。

来年の目標
クラブ選手権V2 (これはやりたい!)
日刊アマと社会人は全国に行ければなぁ・・・ 
関東アマ(出たことがないので、とりあえず出て予選を通過したい)
クラブ対抗(とにかくレギュラーになりたい)
UGのクラブ選手権(今年は初参加でバタバタでしたが、来年は勝ちたい)
研修会でつねに上位にいたい
平均ストロークを70台にしたい(今年は81でした・・・)
クラブをあまり変えないで練習したい(コレが一番むずかしぃーーー)

このうちいくつかでも達成できるようにがんばります。
っていうかとりあえずシャンク何とかしろ!(シャンク病再発)っていう感じですけど・・(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月18日 (月)

UGC クラブ選手権予選 通過しました。

昨日はUGCのクラブ選手権予選でした、UGCは予選のスコアから通算して3ラウンドのストロークプレーでクラブチャンピオンを決める方式なので、予選から1ストロークを大切にしなければいけません、最後になって「あと1打・・・」と悔やむことが多いので、今回はムダなミスをしないことを心がけました。

そのためには、なんといっても最初のティーショットです。
コレでも他クラブのクラブチャンピオンなので、それなりに注目されてスタートです。

「まずは安全に。ティーショットは200YDでもいいからフェアウエーに。」
と思った瞬間。。。。。。

打ってました。右の林に(T_T)・・・・・・・・・・・・なぜ?
最初のティーショットをイメージした練習をあんなにしてきたのに・・
イメージする間もなく打ってしまい気づいたときには林の中。
いきなりのダボスタートとなってしまいました。
正直めげました・・・・あの練習はいったい何だったんだろう。
何のためにやってきたのか、予選の1Hの大きなミスは取り返しがつかないのではと思いました。

しかし、僕もちょっとは成長?したのか
「変なスコアではクラブチャンピオンとしてもはずかしい、次の1打に集中しよう。」と思い直して、2Hから気持ちを切り替えたところ、ボギーもありましたがバーディも2つとれ「よし、このままパーパーで上がればなんとか38だ。」

そして、8H  175YDのショート
「ここは安全に大きめのクラブで・・・・」

どすっ。。。。。。。
あれっ?今打ったはずのボールがなぜがティーグラウンドに(>_<)
なんと・・ 痛恨の大ダフリ(しに)
と・・トリプルボギィーーーー固まりました(ミイラ化)

最終ホールは何とかパーで切り抜けたものの41でした。
カットラインはおそらく79と聞いていたので、後半は38でいかないとなりません。

後半はいきなりのバーディスタート、
そして、2H 180YDのショートで
ええ、またやりました。やっちまいました。
トリプルボギィーーーー(再びしに)
こんどはバンカーTOバンカー&シャンク(本物の死人が出そうになった)

コレで終わったと思いましたが、次のホールで奇跡のバーディー

で、結果バタバタのゴルフでしたが41 39 の80で予選を通過できました(ほっ)
ちょっと風が強かったことと、ピンポジションが難しかったことでみんなスコアが伸びず、カットラインは83、トップは77でした。

現時点でトップと3ストローク差
来週の結果次第では、最後の日に最終組で回れるかもしれません。
がんばってきます

【今日のセッティング】
983K HCR 8.5 TOUR AD I-65 S
980F 15/19
690.CH / 690.CB / 690.MB /
VOKEY 52/ 60
2BALL

夜は予選通過のお祝いにしゃぶしゃぶ食べに行きました。(うまかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月 7日 (木)

前半44 後半39 PRGR売却(^^;)

今日ピカピカのPRGR一式持っていってきました。結果PRGR売却(>_<)「おい!はやすぎるだろ!」と言われそうですが、合う合わないの問題ではなく気持ちの問題なので仕方ないんです。慣れてないからなのですが、不安でうまく打てそうな気がしないんです。それと見た目。どうも自分らしくないというか、自分のクラブではなく借り物のような気がして、今日は1Hのティーグラウンドの段階で「はぁ。。タイトもってくればよかった」と後悔しました。打ってみた感じも軽くてフィーリングが合わなかったので強くは打てませんでした。しかし、スコアに影響があったかと言えば44の直接の原因は3パットでしたから、クラブのせいではないと思います。

やっぱりタイトリスト。使い慣れてるし、いつも部屋にあるし、いろんな競技での思い出や愛着があります。今日は性能よりも愛着が必要と感じました。
はぁ・・・大損失

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年10月 4日 (月)

月例 45 42 (T_T)

20041004.jpg
昨日はホームコースの月例に行ってきました。なんだかすごい天候で、月例なのに参加者が70名ちょっと(^^;) 優勝が1オーバーでした。で、僕はという「クラブ選手権が終わって、気が抜けちゃったなぁー。。モチベーションが激下がり・・・」(いけません) クラチャン前までのあの練習とドキドキ感が全くなくなってしまいました。しかも当日は雨。「あー、雨だ、雨だなぁ・・・・」などと思いながらダラダラとしたラウンドをしてしまいました。

雨のせい、クラチャン燃え尽きのせいにして自己嫌悪。
ゴルフの神様、申し訳ありません。2度とこのようなダラダラグデグデで、すべてを雨のせいにしてしまうようなランドはしませんので、お許し下さい(>_<) 
常日頃から「あそこさえなければ」とか「OBだけだからさぁー」「短いパットがはいらなかっただけ」「普通にやってれば・・・」というようなタラレバはゴルファーとして最も見苦しく、自分の実力がわかっていない者の言うこと軽蔑していたのに・・・今日は言ってしまいました「この雨じゃ仕方ない・・・・今モチベーション下がってるから・・」
全ては実力です。だからこんなスコアなんです。
次回はもういちど気合いを入れ直してがんばります(悔しい)。

一つだけ学んだこと。
よく言われることですが、レインウエアだけは良いものを!!
これは絶対です。僕もそんなに粗末なレインウエアを着ているわけではないのですが、やはり良いものは全然違うみたいです。ハーフ上がって、鏡に映ったレインウエア姿の自分は「なにこれ?ベタベタじゃん。ずぶ濡れだねこりゃ・・」という感じでしたが、同伴の方々は高級レインウエアを身につけていて、見た目もサッパリ。さわやかな感じで、ベタベタ感は全くなし!僕のレインウエアは3〜4Hで水がしみこんでいるのに、他の方々は雨粒がレインウエアの上をすべり落ちていく・・・・・美しさを感じるくらい違いました。それにレインキャップ!これは大切です。僕のレインキャップはパーリーゲイツでしたが、つばの形が悪いのかパッティング時につばから水がぼとぼと垂れる・・・パターの場合目の下にボールがありますから「えっ!?つばからたれた水でボール動いたらやばいんじゃないの・・・」と心配になるほどでした。で、他の方は・・・・水が垂れてない・・・・・なぜ? キャップのつばの形だけでなく、いろいろ微妙な差があることがわかりました。

で、帰りにACTIVでPRGRのRAINCOMPOを一式購入しました(大出費だけど、長く使えるから・・・)
よし、これで来週は雨でも風でもなんでもこい!(気持ちが大きくなったような・・・)
しまった・・肝心のレインキャップ買うの忘れてた(^^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年9月26日 (日)

クラブチャンピオンになりました!

初めて出たコース
初めて100を切ったコース
初めての30台が出たコース

そして、初めてクラブチャピオンになりました。

僕の中でとても思い出深く、大切に思っているコースでクラブチャンピオンになることができてとても嬉しく、光栄に思います。

今日は過去6回のクラブチャンピオンであり、HDCP+1でクラブの大先輩であるSさん初め多くの方が、土砂降りの雨の中、フォアキャデイーやコースメンテナンス、水の浮いたグリーンのローラーがけまでしてくれて、申し訳なく思うと共に、この中でプレーさせてもらえる喜びと、絶対にみっともないプレーをしてはいけないという責任を感じながら、プレーさせていただきました。ありがとうございました。また一般のラウンドに来ていた方にも雨の中パスさせていただき、本当にありがとうございました。

決勝戦はHDCP0 一昨年のチャンピオンで予選メダリスト、「クラブで今最も強い」N先生でした。N先生は僕の尊敬するプレーヤーで、何度も一緒にプレーしています。先生がボギーを打たないのはわかっていましたので、自分がボギーを打たない事、バーディーチャンスが来たら絶対にショートしない事を頭に入れて精一杯プレーしました。予想通りボギーを打てばダウン、バーディーでアップという展開で、31Hまでマッチイーブンでした。その後32H 1up 34H で2upとして

35H
僕がパーパットを先に沈めて2&1で終りました。N先生と握手を交わした瞬間は「終ったんだ・・」としか感じませんでしたが、クラブハウスに戻る途中途中で歴代のチャンピオンの方々や競技委員を務めて下さった方、プレーに来ていたメンバーの方からたくさん「おめでとう!」「おめでとう!」と声をかけていただき、クラブハウスに戻った時には目が真っ赤でした。

表彰式で大きなクラブチャンピオン杯を手渡され、たくさんの方に拍手をいただきました。
そして、N先生が「正々堂々としたプレー、さわやかなスポーツマンシップ、この男になら次の世代を任せられる」というお言葉をいただき、感激しました。

雨の中ずっとついて回ってくれた、過去6回の優勝を誇るSさんからは「チャンピオンは注目される存在であり、目標とされる存在なのだから、これからはチャンピオンのプレーをするように」とアドバイスをいただき、今後は技術だけではなくマナーや服装、ルールなどの面でも見られて恥ずかしくないプレーヤーにならなければと思いました。

応援してくれた皆さん本当にありがとうございました。
僕の中で最も欲しかったタイトルを手にする事ができました。
イマコレをはじめて、スコアを記録するようになったことは練習の大きな励みになりました。
G-CUBEの松村先生、会社のスタッフのみんな、一緒に練習してくれた仲間、クラブを調整してくれたK君、いつも一緒にいてくれるティーチングアマのブッチKちゃん(ただし肝心の今日いない)。みんなありがとう!

次の目標に向けてこれからもがんばります。

帰りの車の中で一人「やったー!」と叫んで実感が湧いた。
みんなに電話やメールで報告したら、おめでとうメールをもらった。
とても嬉しかった。
ほんの少し涙がこぼれた。

【よくがんばった今日のセッティング】
983K HCR8.5 TOUR AD I-65 S
(いきなりのワンペナにはどうなる事かと思った・・)
690.CH DG S-300 3/4  (200yd勝負の3Iが決まった)
690.CB DG S-300 5/6/7 (とても信頼できた)
690.NB DG S-300 8/9/P (雨の中よく距離感が出せた。ピンハイに打てた)
VOKEY 52 / 60M   (バンカーは水たまりで救済不可、入れたらアンプレだったので、徹底的にさけた、一度もバンカーに入れなかった。アプローチはまだまだ練習不足)
WH 2BALL TOUR FILL (絶対外せないパットがつづいたけど、よくがんばってくれた)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004年9月24日 (金)

UGC 秋分の日杯 36 37

昨日はUGCの秋分の日杯に参加しました。僕のUGCでのHDCPは8なので、36 37 でグロス73 ネット65でした。UGCのメンバーになって初めての競技参加のため入賞資格はありませんでしたが、ベストグロスをいただきました。緊張してプレーできたのが良かったと思います。そうそう、久しぶりに父と競技で一緒にラウンドし、楽しくプレーできました。来月3日はUGCでの初月例です。UGCはフェアウエーに数種の芝が混ざっている上に、芝が長いので難しく、アイアンをもっと練習しなければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月21日 (火)

クラブ選手権 決勝進出しました。

CLUBCHAMPIONSHIP1.jpg
クラブ選手権準決勝 36ホールマッチプレーを3&2で勝つことができました。前半の18hはマッチイーブンでしたが、後半に入り出だしから2ホール連続3パットで2ダウン(焦)、ここからどれだけがんばれるかが勝負!と思いなおして、最後の9ホールをプレーしました。出だしは両者パー、次のホールで対戦相手のSさんがボギーで1ダウン、次のショートをとってマッチイーブンにしたあと、気合いの3連続バーディで勝利することができました(嬉し)。今回は34ホールを集中して戦いましたが、体力的にも気持ち的にも苦しくなったときに助けてくれるのは練習量だと思いました。自分の中であれだけ練習してきたのだからと思えるのがとても支えになりました。
Sさんは僕よりずっと年上の方でしたが、34ホールのプレー中全く疲れを見せず、微妙なパッティングをきちんと沈めてくるさすがHDCP1 というプレーを見せてくれました。
そして、僕のバーディパットの後、グリーン上でSさんと握手を交わし「決勝がんばって下さい」「ありがとうございます、がんばります」と挨拶した時に、プレーをパスさせてくれた皆さんが拍手をくれてちょっと感動しました。

今度の日曜日はいよいよ決勝戦です。相手は昨年クラブ選手権1回戦で対戦し(というか何度も対戦してますが・・)こてんぱんにやられたN先生です。一昨年のクラブチャンピオンであり、僕のことをずっと可愛がってくれて、試合中も「がんばれ!」と声をかけてくれる尊敬するプレーヤーであるN先生に今の自分がどこまで通じるか、思い切ってぶつかってきたいと思います!!・・・・・・実は、まだ6日もあるのに今からドキドキして寝れません。夜中1人で素振りなんかしたりしてます(だいじょうぶか!?)

【セッティング】いつも通り(写真) 983K HCR TOUR AD I-65 ・980FW 15/19 ・ 690COMBO・ VOKEY52/60M ・2BALL  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年9月12日 (日)

クラブ選手権 ベスト4進出しました

今日はクラブ選手権の1回戦、2回戦、それぞれ18ホールマッチプレーをやってきました。1回戦は予選を2位で通過したHさんでしたが、僕のショットの調子が良く前半8ホールをパーオンさせることができ、6&5で勝つことができました。その後お昼休みをはさんで午後から2回戦です。午後はHDCP5で〔よせの達人〕Mさんでした。噂どおりの絶妙なアプローチに驚き、焦りましたが、16番でバーディを決めて4&2で勝てました。久しぶりのマッチプレーでしたが、ストロークプレートは違った緊張感でした。ホームコースなので知り合いも多く、月例の中をパスしてプレーさせてもらうので毎ホール「どう?」「がんばれよ!」などと声をかけていただきとても楽しくプレーできました。来週は準決勝36ホールマッチプレーです。今日以上に緊張する中での根比べになりそうです。

[setting]いつもどおり。(なにそれ?) パターは2Ball(今日は良く入ったよん)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年9月 8日 (水)

日刊アマ関東決勝大会

日刊アマ関東決勝大会行ってきました。初めての参加で緊張して手が震えました(^^;)
今回は参加することができて本当に良かったです。結果は83 85で全く不甲斐ないものでしたが、とても良い経験をすることができ、ゴルフに対する考えがかわりました。全ては初日のラッキーな(というより、とても嬉しい)組み合わせです。

初日の僕の組み合わせは、本年度関東ミッドアマでメダリストのSさん。そして、日刊アマ全国優勝のYさん。シードのI.Sさんです。これだけの方とプレーできるだけでも光栄ですが、試合で同じ組に入れるのはラッキーとしか言いようがありません。日本のアマチュアでナンバー1になった方と今年の関東ミッドメダリストの本気のプレーが間近に見れ、自分のプレート比較できたのは僕のこれからのゴルフ人生において最大の転機になったと思います。僕の思っていたゴルフとは全く違うゴルフを見せていただきました。アイアンの切れ、ドライバーの正確性はもちろんですが、ロングのセカンドを9Iで打つマネージメント、200ydに刻むティーショットなどなど、途中からすっかりギャラリーになってしまいました(笑)。そして「アンダーパーのゴルフはこういうプレーのことなんだ・・・・」と思いました。SさんYさん、ISさん共に日本を代表するトップアマなのにどこも偉ぶることなく、とても穏和で「今日は調子が良いだけです、アマチュアだからボギーも出ますよー(笑)」というような感じで(さすがトップアマ。人間的にもすばらしい・・(憧))リラックスして回らせて頂きました。ミスしても決して言い訳のないゴルフはとても気持ち良く、自分も同じようにできたらと思いました。

2日目は前日にYさんのアイアンショットを見たイメージでスイングしてみたところ。
ショットに酔いました。
自分のショットに酔ってしまいました(笑)
だって、いままでどうも詰まっていたアイアンショット
それがなんと
スパァアアアーーン
なんと美しい。
210ydのアゲインストの中
3Iの会心のショットが軽いフェードでピンそばへ(しかし1パットボギー・・・・苦笑)
180yd 美しい放物線を描いた5Iのショットは吸い寄せられるようにピン横へ(しかしパー・・・汗)

なんとなく、目から鱗。
しっかりしたコースマネージメント
240ydのフェアウエーをキープできるドライバーショット
200ydを確実にグリーン周りに運べるロングアイアン
170ydなら99%グリーンオンできるミドルアイアン
グリーンエッジから確実に1m以内に寄せられるランニング
これだけできればアンダーパーも夢ではないのかもしれません。
今までの自分に欠けていたもの
それが見えました。

今思うと僕のプライベートラウンドはいい加減なものでした。「ラフでも良いから飛ばしてやろう」「200yd残すより、150ydのラフの方が良い。」などなど・・・へたくそゴルファーの典型ゴルフでした(恥)。プライベートラウンドでは通用しても、試合ではこんなゴルフは全く通用しないことを痛感しました。今までのゴルフでは、たまたまフェアウエーをキープした時はショートアイアンで打てるので当然良いスコアが出ます。ピンポジも厳しくないのでラフからでも狙えます。しかし試合ではたまたまフェアウエーをキープしたでは通用しません。「フェアウエー左サイド、あのバンカーの右にしっかり置いていく。」これができないとダメだということがわかりました。

最終ホール
いよいよ最後のホールにきたところで、どしゃ降り(泣)
「あー。。。あと1ホールだったのになぁ」と思いながらティーショットしました。
ピシュー
雨の音を切り裂いてナイスショット
セカンド地点に向かう間に雨も上がり、グリーンを見ると
生まれて初めて、自分の足下から虹がグリーンまでのびていました。
「すごいなぁー!」「こんなことがあるんだ」
キャディーさんを含め5人でしばらく虹を感じていました。
虹はだんだん大きくなって、僕たちの組は7色に見えるグリーンにセカンドを打ちました。
本当にきれいでした。

日刊アマでは結果を残せませんでしたが、良い経験が沢山できました。
ゴルフに対する取り組み方も変わりました。
来年は全国へ行ってみたいと思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)