« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月26日 (火)

SETTING

PINGi2
今の僕のセッティングです。
DRIVER PING G2 460 8.5 TOUR AD M-65S
DRIVER PING G2 TOUR 8.5 ALDILA NV65S
3W G2FW 14 PING-S
7W G2FW 22 PING-S
3-L EYE2+ ZZ LIGHT
P ANSER-F
こんな感じです。ドライバーはG2-460とG2 TOUR を使い分けてます。
なんで今更EYE2+? と思われるでしょうが、今だからEYE2+なんです。
話すと長くなるので・・・・・・・
とても気に入ってます。試合ももちろんこれでいきますよ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PING i3+ wrx

i3plus
PING i3+ のWRX仕様です。PING WRXとは、ライ角はもちろんシャフトやグリップサイズ・リーディングエッジのグラインドまでカスタマイズされたものです。ツアープロのクラブを手がける技術者が完成させるとのことで、非常に高い精度です。見た目的にはCTP(チューニングポート)のホログラムとWRXのシャフトラベルが特徴です。ホログラムは7色に輝いてとても美しく「なんか特別な感じ」がして良い気分です(^^) 他の写真もありますので興味のある方はご覧下さい。(写真2枚だけですけど・・・出勤前の短い時間で撮影したものですから画質もイマイチ・・・言い訳ですけど)PING JAPANやダイギンゴルフでオーダーを受けてくれます。カスタマイズの度合いにもよりますが、だいたい3週間の仕上がりです。僕のものはライ角、グリップをあわせてもらってシャフトをRIFLE6.0にしてあります。先日ライ角の話を書きましたが、ライ角はアドレス時のライ角ではなくインパクト時のライ角ですから実際にFITTINGで打ってみないとわかりません。シャフト硬度やヘッド重量、ヘッドスピードでトゥダウンの量が違いますし、スイングプレーンでも適正ライ角は異なってきます。アドレス時にトゥが3ミリ程度上がっているのが適正などということはありません。アマチュアの場合細かくライ角を合わせることは事実上不可能ですが、最悪でもプラスマイナス1度以内にはしておかないと良いスイングは作れません。ぜひ一度ライ角を見直してみて下さい。また、番手毎のライ角の流れが合っていないと大事です(>_<) 特に軟鉄アイアンの場合はバラツキが多いのでチェックは必須ですよ! 実際のところ、球が曲がる原因の大きな要因はライ角です。曲がると「シャフトが柔らかい・・」という人が良くいますが、ライ角が適正なら柔らかいシャフトでも距離のバラツキだけで方向性はさほど悪くないはずです。あ、これはアイアンの話です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

ダイギンゴルフで704フィッテイング(驚)

知る人ぞ知るダイギンゴルフ東京支店でなんと704CBのフィッテイングができるみたいです(^^)ぜひ一度行ってみてください。カルチャーショックですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャフトフレックスについて

BBSの方でシャフトフレックス問題?が盛り上がりそうなので、こちらで皆さんの意見を聞ければと思います。
シャフトを選ぶ際なにを基準に選んだらよいか迷いますよね。皆さんどのような考え方でシャフト選びをしていますか?ドライバーなどウッド系の場合は話が複雑になるので(カーボンの種類も多いので)ここではアイアンのスチールシャフトを基準に、単純にシャフトの硬度(R.S.X)だけを考えてみます(キックポイントや重さは関係なく、ただ堅さのみです) よく言われる硬度選びの基準は「まだ若いんだからSで十分!」とか「そんだけパワーあるならXのほうがいいんじゃないの?」とかだいたいこんな感じではないでしょうか?しかしその一方で「タイガーやエルスがX-100なのになんで俺がX-100なんんだ?なんかまちがってねぇか?」と自問自答したり「えっ!?柔らかい方が飛ぶの?固い方が飛ぶんじゃない?」とかいろいろ悩みますよね。
で、僕はシャフト選びは体力や年齢を基準にするのではなく、目指すスイングによるものだと思います。
パワーで打つ人は堅いもの。
スインガーは柔らかいもの。
結局こうなるわけですが、プロや上手くなる人の中にパワーで打つ人はほとんどいません。
プロやトップアマは堅いシャフトできちんとスイングできる体力があるので使っているわけです。
一般的なアマチュアの場合柔らかいシャフトでは良いショットが打てないと感じますよね。
例えばRシャフトを打つと右左に曲がったり吹け上がったり・・・・・・(^^;)
するとだいたいは「やっぱ俺にはやわらかい」と言い出すわけです。
でもこれはシャフトが柔らかいというよりも正しいスイングができていないというのが正解です。
タイガーやエルスにとってX-100は僕たちの感覚ではレディースシャフトを振っているような感覚でX-100を振っていると思います。
では、どうしたらよいのでしょう? 
まず柔らかめのシャフトでスイングを作る(軸を保って、いつも同じ高さ同じ距離が打てるように)
その後、同じスイングで思った距離が出るシャフトにする(飛距離は体力で限界がありますけど)。
こんな感じかなと思います。間違っても固すぎるシャフトはいけません。スイングがどんどんダメになっていきます。固いシャフトでまっすぐ打つのはやさしいんですから。

ただこれは単純に固さだけのことであり、実際にはシャフト選びは複雑ですよね(^^;)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年4月13日 (水)

PING EYE2

ディマルコに刺激されて、久しぶりに倉庫からPING EYE2を引っ張り出してきました。
PING EYE2といえば角溝問題です。私、実はかなりのPINGマニアです(^^;)
【PING一筋40年】知る人ぞ知るダイギンゴルフ東京支店のオヤジさんと一晩語れるくらい好きなブランドです。ダイキンゴルフ東京支店行ったことありますか? あのオヤジさんはすごいですよね。40年間PINGとともに生きてきた人です。ライ角の話をはじめたら止まりません(^^) 小さいお店の中でPINGファンなら一度は目にしたことのある黒いプラスチックシートを敷いて、オヤジさん手作りのセロテープをまるめたボールを打ってライ角を調べます。ライ角はシャフトの硬度やヘッド重量によってトゥーダウンの度合いが異なるので打ってみないとわかりません。そのへんのことを熱く語るのを聞きながらいろんなライ角(カラーコード)のPING EYE2を試打します。「ほらね、これならピッタリだ」とか「あー、こりゃフラットだな」「ダメダメあんたにはアップライトすぎる」とか言われながら打っていきます。なかなかそれが楽しいんです(^^) 「あぁクラブってこういうふうに買うものなんだなぁ・・」と思ったりします。初めて電話した時に「わざわざ来ても初めてのお客さんには私はクラブは売りませんよ、ライ角を合わせないと鉄屑ですからね」と言われました。その時から「このおやじただ者ではない」と思ってました。オヤジさんからはPINGへの愛が感じられます。だからお客さんにもPINGを好きになってもらいたいので合わないクラブを売って「やっぱPINGダメだ」と思われるのは耐えられないのだと思います。今アメリカではPING EYE2(特にBC)は新品のS59アイアンよりもずっと高い値段で取引されています。今後もEYE2の価値は上がっていくと思います(生産が終わればなおさらです)

PING EYE2は今も現行モデルだって知ってました?オーダーすれば普通に作ってくれるんです。ただしベリリウムカッパーとニッケル(これはISIですが)は生産中止です。そのために価格が上昇しています。
PING EYE2 の溝問題を整理しておきますと
【R&A JGA ルール非適合(USGAはOK) 】
オリジナルPING EYE2
【ルール適合】
PING EYE2 (ウエッジのヘッド形状がオリジナルと異なる。後にPLUSとなる)
PING EYE2 ドットモデル(後に+マークが付く部分にドットがある)
PING EYE2 PLUS (+マークがある)
これ以外にPINGではオリジナルPING EYE2のフェースをミーリングしてルール適合にするサービスも行っていますので、それに該当するPING EYE2

このように様々な種類がありますのでルール適合か否かは見た目での判断は難しいです。
ただプラスモデルについてはウエッジ形状が全く異なるのでウエッジと揃ったシリアルなら間違いなくルール適合とわかりますが・・・

さて、熱く語ってしまいましたが。PING EYE2 なかなか良いですよ!
EYE3 EYE3PLUS S59もありますが、僕はシンプルなものが好きなのであの後付のウエートがどうも?です。
EYE3以降は中国産です(品質はアメリカ産も中国産も変わらないと思いますが、雰囲気です)
ウエートを付け替えることでバランス調整をしているEYE3以後のアイアンよりも金型から作っているEYE2の方がなんとなく良い気がします(^^) 程度の良いものを見つけたら買いだとおもいます。特にウエッジは買いですよ!新品でオーダーしたい方もいまならまだできます(ステンレスモデルのみ)

しばらくPING EYE2 でプレーしてみます。となると・・・・やっぱりドライバーはG2?
「いやぁーG2 TOUR ドライバー最高です!!まっすぐにしか飛ばないし、ただ振ればスイートスポットに当たっちゃいます」(うちのスタッフのOさん談)

ちょっと魅力的(^^;) どなたかG2ドライバーについて使用感教えてくれませんか?

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月)

2005 Masters Tournament

masters
感動しました。
マスターズのテーマソングとマグノリアレーンの映像、そして朝一番の「日本の皆様おはようございます」の一言で涙が出そうになりませんか?同じような気持ちでマスターズに向かう方多いのではないでしょうか?1年に一度のオーガスタはまさに夢の舞台です、日常のもやもやや疲れも忘れて朝からテレビの前で大騒ぎですよね(^^)とても楽しくて、はらはらドキドキの4日間を堪能しました。ああ、ゴルフが好きで良かった。こんな感動を味わうことができた。
素晴らしいコースで素晴らしいプレー。
もしかしたら、ニクラウス最後のマスターズだったかもしれない・・・それが9番ホールで終わるなんて。
ディマルコのレイアップと気迫のアプローチ。
そしてタイガーの16番奇跡のアプローチと優勝の涙。
ああ、やっぱりマスターズ。
ずっと見ていたくなる。終わってちょっと寂しい感じ。
また来年。ボビージョーンズありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月 4日 (月)

今日あたりから

ついに今日あたりから(?)US仕様のみですが905T 904Fが店頭に並びはじめます(^^)
この日を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?(自分ですけど)
905Tについてはリシャフト問題が未解決なので、日本仕様のTOUR AD M75が出荷されるまで購入をまとうと思っているのですが、904Fはリシャフト可能なのでとりあえずTitleistSpeedre仕様を購入しようと思っています。
あー楽しみ(^^)ヘッドカバーはどんなんだろ?

それから、ゴルフフィールズさんからの情報(いつもありがとうございます)
アメリカの「SAND TRAP」というページに、Titleistニューアイアンの情報が
スクープとして掲載されておりましたので、アドレスをお送りいたします。
http://thesandtrap.com/archives/clubs/titleist_readies_735_660_for_release.php
660はアダムスコットやアーニーエルスがテストしだしている様です・・・

660forged
ほしぃー・・・・・ヨダレもんです。やっぱ男はブレードでしょ?(どっかの表紙)
ピカピカメッキの薄いブレードでビシッといきましょ!
っていうかビシッと打てるようにがんばりましょう!
それが無理なら(練習する根性がないなら)タイトリストは諦めて
どっかのでっかくてえぐれたクラブ使って下さいな。
・・・今日は妙に挑戦的だと思いますか?そうです自分に言い聞かせてます(^^;)
最近アイアンの調子が悪くって(って愚痴ですけど)・・がんばろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »