« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月25日 (水)

1年たってた・・・

さっきTO-Cさんのメルゴルを見に行ったら「メルゴル1周年」という記事がありました。あれ?ということはイマコレも1年たったのかな?なんて思って調べてみたら、ホントだ1年たってた(^^;) イマコレは2004.5.12にスタートしてました。1年って全く意識してなかったけど、はやいですねぇ。1年間の総アクセス数は60万アクセスです(カウンターが23万ですから1日に平均3回見に来てくれているようです)ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

そうそう、あまりいじめないで下さい。個人の戯言ですから。
?と思うことがあってもサラッと流しちゃって下さい。
それから、間違った情報を見つけたら教えて下さい訂正しますので。
また、個人的なことはメールでお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Groove Certification

GrooveCertification
この写真はめずらしいのではないでしょうか? これはPING EYE2 ORIGINAL (R&Aルール不適合モデル)をPINGにてフェース面の再ミーリングによりルール適合としたときに発行される証明書です。クレジットカードと同じ大きさなのでキャディーバックに入れておけばクレームが付いても大丈夫というわけです。古いEYE2をお持ちの方はやってみるのも手かもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

124本のチタンニッケルピン ANSER F

anserF

ディマルコの活躍で大人気の【ANSER F】です。
ダイギンゴルフさんから解説をいただいたので写真と一緒に紹介します。 なんといっても特徴は124本も埋め込まれたチタンニッケルのピンです。ぜひご覧下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

PING 純正スチールシャフト

なかなかわかりにくいPINGの純正スチールシャフトについてダイギンゴルフさんから教えて頂きました。PINGはシャフトデータなど数値をあまり発表しないので、あくまで参考ですが貴重なデータです。ダイギンさんありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
EYE−2のアイアンがメインクラブであった当時、スチールシャフトの種類は4種類ありました。
メインシャフトはZZライトです。他に、Kシャフト、KTシャフト、マイクロテパーの計4種類です。
それぞれにフレックス違いはなくワンフレックスでほとんど同じ硬さです。

この当時はカーステン個人の設計理念が優先されていて独創性の高い物が商品化されていました。
なぜ4種類のフャフトが必要であったかということですが、違いはキックポイントです。
ZZライト、KTシャフト、の2種類は、ほとんど同じウェイトの軽量シャフトです
が、マイクロテーパーとKシャフトはそれよりさらに少しずつ軽いシャフトです。

ZZライト 手元調子 約 112g TT社製
KTシャフト 中 調子 約 112g TT社製
マイクロテーパー 先 調子 約 108g ブランズウィック社製
K シャフト 中 調子で最軽量 約 104g TT社製
#3アイアン用にカット済シャフトのウエイトです。
当社測定値です。ピン社が公表している値ではありません。

また、KTーMシャフトというシャフトもありますが、このシャフトのMはモディ
ファイトのMでKTシャフトの改良版ということになります。

昔のピンセールスマンミーティングで ”ピンのシャフトが硬いので売りにくい・・・”と言った日本人が
いました。その答えをカーステンは弓矢に例えて ”やわらかい弓はおもいきり引かなければ遠くへ
飛ばないが、硬い弓は少し引くだけで良く飛ぶ”と答えていました。
つまり、硬い硬いと言っても、少しはしなっている。シャフトをやわらかくし、トウダウン等のリスクを負
うより硬い方が正確性が増すということです。
この考え方は理にかなっていると思うのですが、一般的にはなかなか受け入れられなかったようです。

次に、CSライトシャフトについてですが、このシャフトは一つ前のシャフトのJZシリーズに比べて、全フ
レックス共しっかりめ(硬め)の仕上りになっています。
なぜこうなったかは分かりませんが、しっかりめになったということはいいことだと思います。
スペック的には下記のようになります。

CSライト R 先調子 93.9g (103.4g)
CSライト S 中調子 107.3g (116.8g)
CSライト X 手元調子 122.8g (131.9g)
#6アイアン用にカット済シャフトのウエイトです。
( )はクッシンインサート付です。
ピンカタログ公表値より。

CSライトの”X”シャフトは他のフレックスとまったく違うステップになり、ZZ
系のステップとほぼ同じです。これは、JZシリーズも同じです。

クッシンインサートは、グリップエンドから14インチの部分に装着されている振動緩和材です。
装着ポジションがバランス計の支点部分になるためバランスには影響しませんが、ウエイトが
約10g重くなります。
また、TT社のセンシコア付シャフトとの大きな違いは、クッシンインサートにはパチンコ玉のよ
うな玉が3個直列で入っていますが、センシコアには玉はありません。

また、クッシンインサートは2003年まで標準装着されていましたが、2004年からはオプション
扱いになりました。マーケットにて2004年からすべて変わったのではなく、流通在庫やピンジャ
パンの在庫がありましたので、いつ頃まで入っていたかは正確に分かりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイギンさん本当に細かい情報ありがとうございます。とても参考になりました。
シャフトにもPINGの拘りが感じられますね(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

GD ダブルス予選 CUT・・(>_<)

GDのダブルス予選にK君と鳩山カントリークラブに行ってきました。昨年は-1で通過していたので、今年もパープレーを目指していたのですが・・・・・・
うーーーーん。不調。なんだか全てがダメダメでした。
それでもなんとか前半パープレーだったので「これならいけるんじゃん?」と思ったのですが・・(あまい!)
後半はまったくダメで、ドライバーがフェアウエーに行ってもセカンドが当たらない(^^;)ほんと、どう打って良いのかわからないんです。(K君すまんなぁ)なんか100YDが乗らないんですよねぇ。オーバーしたりショートしたり、バンカーからも寄らないしなぁ。僕のゴルフはドカーンと飛ばしてというタイプではなくパーを積み上げていくタイプなのでアプローチが死ぬととたんにスコアが悪くなってしまうんですよね。アプローチもういちど練習しなおします。(そういえば関東アマ予選もこんなかんじだったなぁ・・・結局42 43たたいて予選落ちだったもんな)トホホ。

とりあえず、この後は9月のクラブ選手権まで大きな試合がないので、もう一度基本に戻ってスイングを作りたいと思います。毎日素振りですね(基本です) 

結果は36 44でした。とうぜん予選落ち(>_<) 

【SETTING】
PING G2 460 9D TOUR AD M-65S  
なーんかつかまんなかった・・軸がぶれてるんだよ、スイングの。

PING G2 FW 15/19 可もなく不可もなく

PING EYE2+ ZZLIGHT 3-P S L 
 名器の性能全く生かせず・・ライ角は合ってんだけど、スイング軸がぶれてちゃねぇ(^^;)

ANSER-F 
こちらはがんばりました。これがなかったらやばかった・・・

PRO VI-X  うん。いつもどおり。

あ、そうそうお名前忘れちゃった(^^;) スタート前に「イマコレ見てますよ!」なんて声掛けて下さった方、えっと、ほらあの983Kの方(失礼) どうでした? 僕の方はダメでしたが、決勝進出決めてたら狭山がんばってきて下さいね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

【NEW】 TAYLOR MADE

2005TM
GOLF FIELDSさんからテーラーメイドの新製品情報をいただきました。TLCカートリッジのオンパレードです(^^;) 

◆r5 TP
◆r5 TP Fairway wood
◆Rescue Dual TP
◆Rossa Corza

ちょっと気になるのはRossa Corza かなぁ。今までのRossaよりもちょっと洗練された感じです。センターシャフトモデルなどもあるようで、価格は約¥22.000とのことです。
またDIAMANA Hというトルク2.1のシャフトが用意されているようで、こちらも気になるとのことです。

詳細はGOLF FIELDSでご確認下さい。予約もうけつけてるのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

もう5月ですねぇ

気づくともう5月になってます。いつも思いますが年々はやくなりますね。
すでに4ヶ月経過したと言うことは1年の3分の1が終わったということですからねぇ(当たり前です)
で、2005年の前半3分の1はどうだったんだろう?なんて思うわけです。連休の合間に久しぶりにオフィスに来て考えることがこんなことですけど(^^;)

ことしの前半。仕事のことはさておき(?)ゴルフではどうだったでしょう・・・
とても納得のいくプレーはできなかったです。
ギアもあれこれとっかえひっかえで、昨年末に「よし!来年はギアより練習。ギアは固定!決定!これでOK。ゴルフショップの皆さんごめんなさい、来年は買いに行きませんから。ギアにつぎ込んだ資金を練習につぎこむぞっ!」と意気込んだものの・・・新年早々挫折して「やっぱハイテクだろ!とPRGRを一式購入」その後「PRGRけっこうむずかしいなぁ・・・どうせならX-18で・・とこれまた一式購入」その後「ブリジストンのツアーバンでよいX-BLADEが・・・」さらには「やっぱり結局690なんだよなぁ・・と買い戻し」ついには「無理してX-100を入れた670で激死に」それから「やっぱり910FORGEDだったんじゃない?不動プロもPRGRに手出してるみたいだし、不動はなんたって女王なんだから・・・とまたPRGRへ」・・・「ん?そう?やっぱ世界はテーラーだよなぁ?そっかぁ・・と、世界どころかジャパンもまったく関係ないのにまたまたテーラー購入」「うん!やっぱりライ角だよねぇ。そりゃそうだ、ライ角が合わなきゃなにつかってもムダムダ。基本忘れてた・・・」それからそれから・・もうこれ以上は勘弁して下さい(^^;) アイアンだけではなくドライバーやFWも・・・はぁ。。なにやってんだろ(オレ) まったくなぁ。。進歩しませんね、病気です。

しかしまぁこれには理由があるわけでして(言い訳)
いろいろな不具合から飛距離が劇的に落ちたためセカンドがロングアイアンオンリーになってしまったのが原因です(ただの新しいもの好きとか、ギア中毒とか、買わずにいられない病とかも原因ですけど・・・)とにかくロングアイアンの簡単で高く飛んで止まるやつ(そんなのありません)が欲しくて欲しくて「それさえあればオレもパープレーさ・・フフッ」なんて思ってるうちにこんななりました(まともな理由じゃありません)
みなさんも同じような体験してませんか?(まぁいないでしょうけど・・・同じ病気の方)

これというのもそもそも中古ゴルフショップにも責任の一端があります(責任押しつけ行為)
だってそうでしょ?そのむかし中古といえばカメラか時計か車くらいしかなかったころは(いつ?)
ゴルフクラブを買ってしまったら最後、ボロボロになるまで使うしかなかったわけです(ウソですけど)
ところが今は「まぁいっか。合わなきゃ売ればいいんだし・・・えっ!?95%で買い取ってくれんの?いい制度だねぇ。よし!買った!」となってしまうわけです。ね?そう思いませんか?

はい肝心の成績ですが、1月から4月までのスコア。
ベストスコアは2/27の36・38 74です。まあいまいちパッとしませんね(^^;)
でもこれは埼玉県知事杯決勝のスコアで埼玉県知事杯優勝しました(小自慢)
このときは983K(DIAMANA STINGER) 980F 690COMBO NP2LNでした。

ワーストは4/7 39・54  93です。これってひどいですよね。前半39で午後54。
まぁいろんなことがあるわけです。良いときもあれば悪いときもある。
3年半ぶりに50以上打ちましたけど、自分でもびっくりしました。
なにをやってもダメで、打てばシャンク、そしてまたシャンク、バンカーからシャンク
最後はパターまでシャンクするんじゃないかと思いました。というよりもパターをシャンクして入れるくらいの曲芸でもやりたかったです。
でも次の日にはケロッとなおってたのが不思議です。
このときは670MBにX-100でした(このラウンドの帰りに670は中古ショップへと旅立ってしまいました)

で、平均ストロークは82.72と昨年の同時期とほぼ一緒です。
昨年は夏頃から盛り上げて? 平均79にもっていけたので、今年もそうなることを願ってます(願ってかなうならみんな平均70台ですよね・・・とほほ)

クラチャンV2は難しいかなぁ・・・(弱気です) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »