2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

« X100 First Shot | トップページ | I LOVE JAPAN »

2011年3月24日 (木)

X100 IMPRESSION 1

X100のファーストインプレッションです。ちょっと辛口かもしれないけど・・・

画質、ボケ味などは気持ちいいですね。所有感もあるしシャッターの感覚もとてもいいです。

しかし・・・・まず使いにくく感じるのは絞りリングがLAEICAレンズと逆なこと。ライカは絞りリングの一番左が開放なのに、X100は右側が開放です。これはLEICA使いにはとても使いづらいです。

期待のOVFではオートフォーカスが近距離になると全く使えないですね。OVFに期待して買うとちょっとがっかりするかもしれません。それくらい2m程度の距離からでも開放ではフォーカスが外れっぱなし。しかもOVFではピントが合ったかどうかは確認出来ないので、モニターで見てびっくりということになります。じゃあMFはどうかというと液晶が見にくくてマクロのMFなどではピントの山はとてもつかみにくいです。ちなみにEVFでは近距離スナップも問題ありません(マクロはダメですけど)

それとファインダーの取り付けが悪いのか(個体差かもしれませんが)僕のX100は水平に構えるとファインダーから見た画像が左下がりに見えます。水準器を表示して水平に合わせると感覚的にかなり右下がりに感じます。これはとても気持ち悪いです。LEICA Mではそのへんがピタット決まってます。

これは好き嫌いあると思いますが、シャッターダイヤルが一周しないんですね。Aまでまわすと逆にまわして戻っていかないといけない。なんでこんな仕様になっているのかわかりませんが、とても不便です。

上記の点でX1の方が使っていて気持ちがいいです。

寄れる、パノラマとれる、いざとなったら動画もいける、高感度という点ではX100がいいのですが、純粋に撮る楽しみとか、写真で考えたらX1がいいですね。

1_4

(FUJIFILM X100 FUJINON ASPHERICAL 23mm f/2.0)

このようなシーンでは手前の葉にピントを合わせるのは困難です。

2

(FUJIFILM X100 FUJINON ASPHERICAL 23mm f/2.0)

これくらいの撮影でもAFはあてにならないのでMFにするのですが、ピントの山がつかみにくくて上手くいきません(これも花の真ん中に合わせたつもりだったのですが・・・)

X1やGXRの方がピントが合わせやすく精度も高い気がします。

3

 

(FUJIFILM X100 FUJINON ASPHERICAL 23mm f/2.0)

 

4

(FUJIFILM X100 FUJINON ASPHERICAL 23mm f/2.0)  

換算35mmとしてはゆがみが大きくかんじます。これはどうなんですかね。

 

遠近感が出て好きという人もいると思うのですが・・・・・僕はちょっと。

うーーん。もう少し使い込んでみます。

 

« X100 First Shot | トップページ | I LOVE JAPAN »

LEICA X1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31160/51204297

この記事へのトラックバック一覧です: X100 IMPRESSION 1:

« X100 First Shot | トップページ | I LOVE JAPAN »