2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

« Vegetable | トップページ | 久しぶりのGOLF  »

2011年4月 3日 (日)

LEICA X1 2.0

M3(LEICA X-1 ELMARIT f2.8/24mm ASPH.)

GXRにつづいてLEICA X1もファームウエアがアップデートされて2.0になりました。

今回の変更では

・画質の改善

・AF速度の改善(特に低照度、低コントラストの被写体)

・マニュアルフォーカスの改善、常時開放絞りでピント合わせ可能

・撮影間隔の短縮

僕の中でとても嬉しいのはマニュアルフォーカスが劇的に改善された事です。特にフォーカス固定出来る様になった事で楽しみが広がりました。フォーカスを3m固定にしてISO800 f/5.6にしておけば町中のスナップはピント合わせ不要です。液晶画面に被写界深度が緑のバーで表示される様になったのも助かります。電源を切っても設定が保存されているので、スイッチオンですぐにシャターが切れます。これで外付けファインダーが大活躍する事になりました。この鉄塔の写真もその方法で撮影したものです。

M7

(LEICA X-1 ELMARIT f2.8/24mm ASPH.)

突然ですが石焼ビビンバ。うまかった。

そういえばRANGEFINDER『2台のX』にいい言葉が書いてありました!

2台のXとはFUJIFILM X100とLEICA X1のことです。この2台の最短撮影距離について。

寄らせるX100、寄らせないX1

なるほど。メーカーの写真に対する考え方の違い。

RANGEFINDER「2台のX」を是非ご覧下さい。

僕は色味やマニュアルの操作性。妥協のない緻密な描写をするレンズ。

シンプルな設計のX1に格好良さを感じます。

« Vegetable | トップページ | 久しぶりのGOLF  »

LEICA X1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31160/51285140

この記事へのトラックバック一覧です: LEICA X1 2.0:

« Vegetable | トップページ | 久しぶりのGOLF  »