2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

« RX100とLEICA M9 | トップページ | Snap M9 + Noctilux »

2012年8月21日 (火)

PING NOME

DSC00848

(SONY RX100)
ちょっと変わった。いやかなり変わったパターをゲットしました

DSC00849

(SONY RX100)

ヘッドはPING NOMEパター

ではどこが変わっているかというと

DSC00855

(SONY RX100)

こういうレンチがついてきます

なんとこれでパターの長さを中尺から長尺に変更出来るんです! さらにフェースアングルも変えられます

DSC00850

(SONY RX100)

もちろんルール適合

ではどうやるのかというと

DSC00856

(SONY RX100)

グリップの下についている金具に先ほどのレンチを差し込んでグルグルして

緩めるとシャフトの長さが変えられる仕組みです

DSC00861

(SONY RX100)
これが一番短い状態です。

左側のG20 DRIVERが45.25inch 一番右キャメロンが34inchです

DSC00864

(SONY RX100)
そしてこちらが一番長くした状態。ここまで長くする人はいないと思いますが・・・・ 長さを変える時にフェースアングルを調整する事ができます。 僕はまずライ角から長さを決めて、その位置でフェースの向きを決めました。 だいたい38inchくらいになったと思います。長さを自由に帰られるというのはライ角とアドレスのしっくりくるところを見つけられるという大きなメリットがあります。たまに長尺にして使えるし・・・いいかも!

« RX100とLEICA M9 | トップページ | Snap M9 + Noctilux »

GOLF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31160/55477660

この記事へのトラックバック一覧です: PING NOME:

« RX100とLEICA M9 | トップページ | Snap M9 + Noctilux »