2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

« ノイズの軽減 | トップページ | D810 ファーストレビュー(追記) »

2014年8月25日 (月)

大曲 全国花火競技大会 D810 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

大曲2

D810 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED f/2.8

大曲の全国花火競技大会に行ってきました。一生に一度は見たいと言われる理由がよくわかりました。
行くまではバスで5時間かかるときいてビビってましたが本当に行ってよかったです。
この日は70万人以上の人でとにかくスケールの大きさもクオリティーも今まで見てきた花火大会とは比較になりませんでした。

大曲1

D810を持っていくのは決めていたのですが、とにかく人がすごくて桟敷席は一人0.5畳くらいのスペースしかないということで三脚は諦めて持っていきませんでした。
なので手持ち高感度撮影であとはカン頼みで多重露光をしたりしてみました。

1

三脚なしでは長時間露光というわけにはいかないので、この写真の真ん中の花火のように線が細く色も不足してしまいます。全体的に寂しい写真になってしまうので、アクティブDライティングをオンにして多重露光をしながら、F/2.8解放側で大きなボケを作って重ねてみました。
構図も露出もカンなのでこの辺が精一杯ですね・・納得いかないけど仕方ありません。

大曲5

D810を支えるとなると本格的な三脚が必要になるので、来年はライカと三脚でリベンジしたいと思います。こういう時はコンパクトで本格的な写りでマニュアル操作が感覚でできるカメラがいいですね。

« ノイズの軽減 | トップページ | D810 ファーストレビュー(追記) »

D810」カテゴリの記事

コメント

すばらしいです
こんな花火の写真は 今まで見た事がありません
大曲の花火っていうのを 私は聞いた事がなかったのですが 写真を見て
さぞかし有名なんだろうなと 自分の無知さを恥ずかしく思いました
そんなことはどうでもいい
何度も繰り返し これらの写真を見てしまっています
私は家庭の事情から 花火を見に行く事ができません 15年前に行ったっきりです
ですから 写真やテレビで見ることしかできないのですが
写真の花火って臨場感がないんですよね その花火を見ている気には全くならない
でもOKATOKIさんの花火は違います
涙が出そうです

すごい、凄すぎる!
感動しました、上の方も書かれるようにこの写真を勘で多重露光
凄いの言葉しかありません
花火も凄いが、撮り手はもっと凄いとひしひしと感じました(^^)
こんなの見せてもらったら他の花火の写真など全く意味がない位・・・
いやぁもう感動しました
大変良いものを拝見させていただいて幸せな気分で寝れそうです
しかし、これ多重露光ってどうやるのかだけはとても知りたいです!

奈月様
コメントありがとうございます。テレます(゚▽゚*) そんなにすごい事している訳じゃないんです、ほんとうに大曲の花火が素晴らしかっただけで、本当はもっと迫力のある写真が撮れるはずだったのですが・・・
奈月さん花火見に行けるといいですね、どんな花火大会だって僕の写真なんかよりずっとずっと素敵です。音も違うし見ている人たちみんなで「わー」とか「おー」とか「たまやー」(昭和ですね)とか、雰囲気が病付きになります。
奈月さん嬉しいコメントありがとう!

Desireさん
こんばんは。いやいや嬉しいコメントをありがとうございます!Desireさんのコメントに興奮して寝れそうにありません(笑)本当にたいした事してないんです。実際は大曲花火の魅力の100分の1も伝わってない写真だと思います。それだけ花火が素晴らしかったんです。なのでこれから大曲花火大会の写真がたくさんのBLOGでアップされると思うのでだんだん見劣りして行くとおもいます(;;;´Д`) 多重露出も難しくないわりにいろいろな効果がだせて楽しいです。今回は24-70のズームレンズだったのでさらにいろいろできてよかったと思います。最近のカメラは最初に多重露出する枚数をセットすれば勝手に露出を会わせてくれます。今回は花火の写りかたを変えたかったので1カットづつシャッタースピードとピント位置、ズームの焦点距離を変えていろいろやってみましたが、あとはカメラまかせで体力勝負です!
でも、ここだけの話ですが100カット以上とって見れたのがこの数枚なんです(とほほ)

家人の待ち受け画像になりましたfree

シクネスさん
え!?マジですか。光栄です(*゚▽゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノイズの軽減 | トップページ | D810 ファーストレビュー(追記) »