2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

LEICA S2-P

2014年8月20日 (水)

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH. @名古屋

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.
f/6.8 1/250 iso100
名古屋出張に行ってきました。写真とは全く関係ない出張にLEICA Sを持っていくというのもどうなのかと思いますが撮りたいものが会ったので仕方ありません(?)
ホテルは名古屋駅上のマリオットでした。

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

f/3.4 1/2000 iso200
ちょうど角部屋で眺めがとても良かったので、部屋からの窓ガラス越しですが外を撮ってみました。

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

f/6.8 1/250 iso100
27階だったのですが電車が小さく見えます。

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

f/6.8 1/180 iso100

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

f/6.8 1/180 iso100

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

f/6.8 1/750 iso100

やっぱりLEICAの写真は透明感を感じます。空のグラデーションも雲もとてもキレイです。

2014年8月13日 (水)

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/5.6 90mm 1/500 iso200
いつもの通勤途中に咲いているこの花。何度か撮っているのですが小さくて色がとてもきれいです。なんて言う花なんでしょうか(誰か教えて下さい!)

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/5.0 63mm 1/350 iso200

こんな感じの濃いピンクと赤、黄色とオレンジの組み合わせや

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/5.6 90mm 1/350 iso200

淡いピンクと白の組み合わせがあったりします
まるでおもちゃのようです

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/5.6 90mm 1/750 iso200
もしかしたらまだまだ色の組み合わせがたくさんあるのかもしれません。
気になる。

LEICAレンズはMもSもとても色乗りがよくとてもキレイに写ります。色が濃いというか深いんですよね。だからこそ立体感や質感が出るのだと思います。この葉っぱの丸まり具合とかすごいですよね。飛び出してるように見えます。

2014年8月11日 (月)

Cavalier King Charles Spaniel LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.

Summarit-S 70mm  f/2.5 ASPH.

LEICA S TYP006 + Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH.
f/2.5 70mm 1/30 iso1600

めちゃくちゃかわいいキャバリア君を撮影させてもらいました!
iso1600でかなり暗かったのでブレてたりピントが甘かったりしますが、そんなことが気にならない可愛さです。


Summarit-S 70mm  f/2.5 ASPH.

f/3.4 1/45 iso1600

iso1600で光量も不足していたのでそれなりにノイズもあるのですが、目の輝きと丸み。ゴージャスな耳の毛の色やカールしてる感じなど、手に取るように伝わってきます。白が飛んでないのでリードの皮もよく出てると思います。
LEICA Sの最高感度を1600までとしているのは、LEICAが質感と光を大切にしているのだと理解できます。写るだけなら拡張で6400とか12800まではいけそうですが1600で切ってるところが迷いがなくていいですね。これ以上の感度が必要なら違うカメラで撮ればいいわけです。そのかわり低感度なら最高の絵を出すぞというのがLEICA Sなのだと思います。

Summarit-S 70mm  f/2.5 ASPH.

f/2.5 1/30 iso1600
このベロの感じとか、目の光、写真に艶を感じます。さすがにシャドー部やアウトフォーカス部のイズは多いですが、全体的にボカス、塗りつぶすような絵になってノイズを消すより、キラキラ感を残した写真の方が僕は好みです。
それにしても大人しくて可愛かったです!

涼しのぶ LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

L1000304

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/5.2 71mm 1/90 iso200

なんてことはない風鈴ですが、背景の浮世絵タペストリーと赤い枠が良かったので。
ここは確かイタリアンの店だったと思うんだけど・・・
LEICA S も YTP006になってAFがかなり速くなりました!

2014年8月10日 (日)

台風 LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/3.5 30mm 1/3000 iso100 -1EV
今日は一日天気が不安定ですね。
久しぶりの休みだったのでLEICA Sを持ってどこかに行ってみたかったけど仕方ありません。
東京湾花火大会も中止とは残念です。
で、どこにも出れないので事務所から撮ってみました。
何の変哲もない退屈な写真ですが、100%クロップ画像を見てびっくり
こんなに写っちゃまずいんじゃないかと・・・LEICA Sの30mmは35mmフルサイズ換算で約24mmです。これでクロップがこれじゃ、ちょっと望遠持ったらどこまで写るのやら。
これなら木々の葉1枚、まつ毛1本、瞳の中のわずかな光まで精密に描写できるはずですね。

Ty100

こちらが上の画像をクロップして少しだけ露出をあげたものです。
どこかわからないくらいでしょ?
当然ですけど肉眼では全く見えません。ちょっとした双眼鏡でも見えないところです。
それが電線1本まで描写されています。カーテンの質感まで出てるような・・・

ズームレンズの広角側でこの描写です。LEICAの技術力には驚きます。

2014年8月 8日 (金)

FORK / LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.

L1000291

LEICA S TYP006 + Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
f/9.5 31mm 1/250 iso100
今日は少し涼しかったのでヘビー級のLEICA SにVario-Elmarを付けて歩いてオフィスへ。普通そんな人いないと思うのですが、久しぶりに通勤途中のこの木を撮りたかったので。

L1000294

f/5.6 31mm 1/500 iso100
木の幹が少し太くなったのかと思うくらい立体感が出てます。
ほぼ緑一色なのに奥行きも感じられると思います。

L1000297

f/9.5 31mm 1/180 iso100
実際のRAWデータは逆光でほぼ真っ黒状態でしたが(経験上問題ないと思っている範囲内にはおさめました)現像時にハイライト限界点まで露出補正したものがこれです。適正露出で撮影したのと区別がつきません。

向日葵@世田谷 LEICA S (TYP006)

L1000076
Leica Camera AG Leica S
Vario-Elmar 30-90mm f/3.5-5.6 ASPH.
iso100 90mm f/6.8 1/750

気分転換に向日葵を見てきました。
とてもあつかったのでわずか20分程度でしたがLEICA SにズームレンズのVario-Elmarをつけて写真も撮ってきました。

L1000060

iso100 65mm f/5.0 1/750
世田谷の高級住宅地に約20,000本の向日葵が!すごい光景でした。
こんなにたくさんの向日葵を見たのは初めてです。

みんな揃って同じ方向向いてます(笑)

L1000066

iso100 90mm f/5.6 1/1500
大きさもほぼ揃っているのですが、中にはなぜかこんなに大きくなった向日葵が・・・
同じ土壌で同じように育ってるのになんでこんなに差が出るんでしょうね。

L1000040

iso100 40mm f/16 1/1500

L1000039

iso100 30mm f/16 1/750
このレンズも透明感とキラキラ感がある気持ちのいい写りをします。
LEICA Sにこのズーム1本でとても便利に撮影できます。画質は申し分ないです。
向日葵の黄色、青い空と白い雲。いい感じの色が出ます。

L1000105

iso100 76mm f/5.4 1/2000
さすがにLEICA S + Vario-Elmar 30-90mmのセットは大きくて重いですが、PENTAX645Zよりはボディーがコンパクトですし、D4S+24-70 F/2.8とほとんど同じくらいです。

2014年5月29日 (木)

I/R STEAK HOUSE@AKASAKA

L1002159

昨日赤坂駅前にオープンしました!
I/R STEAK HOUSE
スタンディングのステーキ屋さんです

L1002188

店内はこんな感じのカウンターとテーブルです

スタンディングなので当然椅子はありません

L1002197

僕はランチタイムに行ってきました。サラダがつきます。

L1002201

こんな感じで焼いてます。店内中にいい香りがします。

L1002204

本格的なステーキを手軽に食べることができます

L1002206_1

あつあつの鉄板で提供されるステーキ。素材にはとてもこだわっているので柔らかくジューシーですごく美味しいです。この場所でこの値段でこのステーキが食べれるのですから流行るのは当然です。

僕は11:30のオープンと同時に入って12:15頃出たのですが、お店の外にはすごい行列ができてました。ただ、スタンディングなので回転が早いので並んでいるとすぐに食べれます。

L1002187

今日食べたのはMEAT COMBO PLATE
なんと260gのボリュームでライスとサラダがついて1300円でした。とにかくお腹いっぱいになりますよ!

I/R STEAK HOUSE HP

LOVE MEAT!!!

2014年5月27日 (火)

今年のバラ LEICA S2-P

L1000066

(LEICA S2-P + Summarit-S 70mm  f/2.5 1/2000 iso160)
今年茂庭のバラを撮影しました

L1000091

(LEICA S2-P + Summarit-S 70mm  f/2.5 1/60 iso160)
桜ほどではありませんが、バラもあっという間に散ってしまいます

L1000098

(LEICA S2-P + Summarit-S 70mm  f/2.5 1/125 iso160)
毎年撮影しているのに未だに全く種類がわかりません・・・
こんどこそ覚えます!

2014年5月22日 (木)

「竹」 D4SとS2-P

14022802216_a4e5e8ddae_o

(NIKON D4S 24-70mm f/4.0 1/800 iso400 24mm)
竹林をパチり。竹はとても絵になります。

14045932665_e38acff8aa_o

(NIKON D4S 24-70mm f/4.0 1/640 iso400 32mm)
こちらもD4S 葉の細かいところもすっきり写ってる感じがします。AWBで問題ないと思います。

L1000154

(LEICA S2-P SUMMARIT-S70mm f/2.5 1/180 iso160)
こちらはS2-P。全く違うシーンで光も違えば撮影日も時間帯も違う、もしかしたら竹の種類も違うかもしれないのですが、なんとなく柔らかくて立体感というか竹の丸みや奥行きを感じます。解像度は別次元ですね。


L1000144

(LEICA S2-P SUMMARIT-S70mm f/2.5 1/60 iso160)
竹じゃないんですけど、同じような緑なので・・・
S2−Pのいいところはモニターがしょぼ過ぎて何を撮っても、画像を確認すると「これ大丈夫なのか・・・」と不安になりますがパソコンに入れると「あー撮れてる。よかった」となる点です(意味不明)
最近の美しすぎるモニターはその逆になることが多々あってがっかりすることも多いのですが、その点S2-Pの恐ろしくしょぼい液晶画面はその心配がありません。

でももう少しよくてもいいんじゃないかなぁ。ボディーだけで200万超もするんだから・・・

続きを読む "「竹」 D4SとS2-P" »

より以前の記事一覧