2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【1999 TIGER WOODS】

  • TIGER アプローチショット
    1999タイガーウッズのカメラマンを務めました。 その時の写真と感想です。

TOP IMAGE GALLERY

instagram@okatoki

LEICA X2

2014年9月24日 (水)

iPhone 6 Plus 128GB Gold

iPhone 6 Plus

(Leica Camera AG Leica X2 24.0 mm f/2.8)

iPhone 6 Plus 128GB Goldをゲットしましたので、11inch Mac Book Airと大きさを比較してみたいと思います(意味があるのか不明ですが・・・)

iPhone 6 Plus

ライトニングケーブル差し込み口とヘッドホンジャック、スピーカーです。

MacBookAirの再薄部分はかなり薄いので比べていただくとiPhone6の薄さがわかると思います。スピーカーは一つになりましたが音質は向上しているように感じます。小さいスピーカーにありがちなカシャカシャした音ではなくマイルドな音質です。

ヘッドホンジャックが下に来たのはちょっと不便です。

iPhone 6 Plus

右側PowerボタンSIMカードを入れるところです。カメラ部分が少し出ていて、これを気にする方が多いようですが僕は全く気になりません。ケースをつけるとちょうどいい感じになります。

iPhone 6 Plus

僕はシンプルな透明のプラスチックカバーをつけているのですが、これでカメラの出っ張りは全く気になりません。テーブルに置いてもがたつかないので出っ張りを意識した事もないです。

iPhone 6 Plus

Mac Book Air 11inchとの画面比較です。iPhone 6 Plusは5.5インチですが、他社の5インチオーバクラス、例えばGalaxy Note3やXPERIAと比べると画面以外の部分がとても大きく感じてしまいます。5.7inch画面を搭載しているGalaxy Note3のほうが本体が小さいということもあり、iPhone6 Plusは本体の大きさの割に画面が広くないとも言えるわけで、本当にこのデザインで良いのか疑問です。

Appleはもう少し頑張れなかったのか、やっぱりジョブスがいないとダメなのかと思ってしまいます。

iPhone 6 Plus

僕はずっとMacで仕事をしてきましたし(カラークラシック・160C・漢字トークのころから)、NEWTONも持ってたしAppleの株主でもあるのですが、今回のiPhone6は疑問です・・・・いろいろ事情もあるのでしょうがもう少しがんばってほしかった。

モバイルSuicaが使えないとか、画面解像度がとか、webのスクロールが遅いとか、Readerのページめくりレスポンスが悪いとかいうスペック部分はなんとか(本当になんとか)我慢できますが、Apple製品でDESIGNが納得できないのはコレが初めてで、どうしちゃたのという気持ちが収まりません。
ジョブスの作ったiPhoneのデザインを変えたくないというのはわかるのですが、ボディーが無駄に大きく感じるのは、デザインは徹底的に無駄を省くことからはじまるというAppleの考え方にも反すると思います。質感もiPhone5や4のカチットした質感の方が良いと思います。

大きくて軽いからか持った瞬間なんとなく安っぽく感じてしまいます。

周辺を丸めて持ちやすくしたとの事ですが、この大きさだったら丸くしないでスパッと断ち切った方が幅が狭くなる分持ちやすいのではとも思います。また、重量を軽くしたいというのは理解してますが、例えばライカのように絶対に譲れない質感というのがあると思います。これは利便性だけじゃなくて物としてどうなのかということになるので、人それぞれの感じ方によるのでしょうが、appleの他の製品、例えばMacBookAirにしてもカーボンにするとかすれば軽くできるのにあえてやってないところがカッコいいと思うのですが・・・

しかし使いやすさや手になじむ感じは確かにあって、Android端末より愛着が湧くのも間違いないです。

最近老眼(涙)になってきて小さい字が見えづらくなった事
根っからのApple好きで、できれば全てApple製品にしたいと思っている事
この2点から画面の大きくなったiPhoneを待ちに待ってましたが・・・微妙です。

モバイルSuicaが使えない不便さを我慢してまで使う必要があるのか悩みますが、とりあえず大きな文字になったのは大歓迎ですし、最新のApple製品という事でしばらく使ってみます。

気の早い話ですがデザインを根本から見直したiPhone7に期待したいと思います。

2014年9月23日 (火)

LEICA X2 Red Leather Limited Edition Complete Set

LEICA X2 Red Leather Edition

LEICA X2 Red Leather Edition

LEICA X2 Red Leather Edition

LEICA X2 Red Leather Edition

フォトキナでは既に新型が発表されていますが・・・
LEICA X2 Red Leather Limited Edition Complete Setを購入しました。
僕が購入したのはLEICA X2 Red Leather Limited Editionのコンプリートセット。もともとLEICA X2 Red Leather Editionはライカ大丸心斎橋店のオープン1周年を記念したモデルで、同店のみ限定20台の発売でした。その後、コンプリートセットとしてブラック、シルバー各限定50台でライカカメラジャパンから追加発売されたのですが、これはレッドレザーでコンプリートセットというLIMITEDモデルです。

LEICA X2 Red Leather Edition

何と言っても魅力はこのレザーです。

LEICA X2 Red Leather Edition

このレザー以外は通常モデルと全く一緒。でもなんだか特別な感じがして購入して手に持った瞬間から愛着が湧いてきます。

 

LEICA X2 Red Leather Edition

コンプリートセットには写真のEVFとグリップが付いてきます。EVF単体で購入すると51,150円しますので、LEICA M用にEVFの購入を考えている方にはこのセットはお買い得です。
僕もLEICA Mにマクロアダプターをつけて(これがすごすぎる!だってSUMMILUX 50mm f/1.4やNoctiluxで寄れるんです。夢のアダプターです)撮影しようと思っているのですが、その場合EVFが必須なので購入するつもりだったのでこのセットを購入できてラッキーでした。

 

LEICA X2 Red Leather Edition

X1と大きく変わったフラッシュはちょっと前に出るようになりました。それとX1ではフラッシュポップアップのロックが効かなくなり、フラッシュ出っぱなしというトラブルが多かった(僕も2回修理しました)のでその辺も改善されたのだと思います。

LEICA X2 Red Leather Edition

LEICA X2 Red Leather Edition

LEICA X2 Red Leather Edition

付属するのは細身の黒いショルダーストラップですが(X2と同じもの)、できれば赤いストラップを付属してほしかったというのもありますが、ALTISAN & ARTISTの赤いハンドグリップを購入しました。色がぴったりでいい感じです。

2014年2月14日 (金)

Vietnam に帰国??

L1010016

(LEICA X2 1/100 f/2.8 iso100)
今日からまたまたベトナムです。今回もいろいろ店舗物件を見て来ます。
お供は1DXのつもりでしたが、先日気合いを入れてIDXにZEISSで撮影したSHANTI BLUEの写真が全くイメージ通りにとれなかったので、1DXは置いてきました(笑)

L1010017

(LEICA X2 1/640 f/2.8 iso100)
で、ひさしぶりにLEICA X2をつれて来ました。
最近コンパクトカメラはSONY RX1を使っていたのですが、比べてしまうとLEICAの色の方が自分的に好みです。ひいき目かもしれませんがLEICAの立体感は決定的に違う気がします。このエンジンの丸みの出方なんかいいなぁと思います。これは立体感とも通じるんですが、遠近感が不自然じゃないんですよね。

L1010018_1

(LEICA X2 1/320 f/2.8 iso100)

いろいろやっても結局いつもLEICAに戻るんだから他のカメラ使わなきゃいいのにと思うのですが、なぜか手が出ちゃうんですよね。